スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
祝1周年☆日本人は再び戦争を起こすか?
今日はJudit Kawaguchi's Fan Blogの一周年です!
みなさん、応援とたくさんのコメント本当にありがとう。毎日平均100人近い人が来てくれました。コンテンツお楽しみいただけましたでしょうか?これからもユディちゃんの記事を紹介していきたいと思いますので、是非来てくださいね。

Today is the First Anniversary of Judit's Fan Blog!
Thank you very much for all the support. Nearly 100 people visited the site every day! I will keep uploading her articles, so please enjoy, and leave comments if you like!

ユディちゃんが以下の記事を送ってくれました。
5月3日は憲法記念日でした。この日には、憲法改正の議論をよくテレビなどでやってますが、憲法9条を改正すると、日本は侵略国になる!のような議論があるので日本はまだ憲法を改正できないでいますよね、とのことです。

-----------------------------------------------------------------
http://juditfan.blog58.fc2.com/
川口ユディ
「日本人は再び戦争を起こすか?」


安倍政権に代わって、長い間懸案になっていた憲法改正問題がいよいよ本気モードになってきました。改憲議論といえば、お決まりのセットで付いてくるのが「日本は、再びアジアの国々を侵略するつもりか?」というアジアの人々の懸念といわれるものです。正確には、中国と韓国と北朝鮮の言う「アジアの懸念」と言うべきでしょうか。
電通総研と日本リサーチセンターが編集した「世界60カ国価値観データブック」という本があります。色々な質問を、世界各国の人たちにアンケートした結果をまとめてあるのですが、その中に、「万が一、いざ有事となったとしたら、あなたはお国のために戦いますか?」という直球な設問がありました。

こちらに結果の一部が載せられていますので参考にしてください。

<表1> <もし戦争が起きたら国のために戦うか?>
 http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/5223.html
20070507231839.png


さてそのアンケート結果はご覧の通り<表1>で、一目瞭然、日本人は世界でも群を抜いて「自国のためには戦うつもりが毛頭ない」人たちということがわかります。それにしてもすごい結果ですね。世界第二位のドイツにダブルスコアでの断トツです。圧倒的な数字です。自国が攻められていても、銃を手に取る気が無いわけですから、わざわざ危険をおかして他国を侵略するなんてことはまず考えられないんじゃないでしょうか。むしろ75%が戦うと答えた韓国や90%の中国の方が、やる気満々という感じなのではないかとこの数値は語っています。

この結果を見て、どうだ日本人はコスモポリタンなのだ偉いだろう!と胸を張れる気分にはなれませんね。私は日本人ではありませんが、女性として、自分たちの郷土や女子供たちを、身を楯にして護るつもりのない男性というものにはやはり違和感を感じると言わざるを得ない、というのが正直な気持ちです。「戦争は良くないこと」ということと「攻められても戦わない」ということには違いがあります。

もうひとつ、興味深いアンケート結果が<表2>に示されています。「自国民であることに誇りを感じるか?」という設問です。ここでも日本は特異的に低い数値を示しています。「非常に誇りに感じる」と「かなり誇りに感じる」を足した値で約55%。これは60カ国の57位で、あと下にはリトアニアとエストニアとルクセンブルグの三国しかありません。

<表2> <自国民であることに誇りがあるか?>
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/9465.html
20070507232034.png


これらの結果からわかることは、戦後半世紀以上を経た現代の日本人とは、「世界でも最も自国に誇りとかを感じることがなく」かつ「攻められても戦うつもりがない」国だということです。これ以上怖くない隣国ってあるでしょうか?アジア周辺諸国の皆さ~ん、全然心配しくていいですよ。ってなんだか自虐的になるしかないような結果ですね。

20070507232229.png


盛之助さんにお願いして、これらの結果を判りやすく数値処理してもらいました。図1を見てください。縦軸は「もし戦争になったら国のために戦うか度」で、上に行くほど戦うつもりの人が多いことを意味しています。数値は(「戦うつもりの人の比率」÷「戦うつもりはない人の比率」)を算出しています。すなわち、戦う人の割合が戦わない人の何倍あるかと言う意味です。1より上なら戦う人のほうが多いと言う意味になります。最高値はベトナムの45倍。一人が行かないと言えば、45人は戦に行くという状況です。以下中国の29倍、バングラディッシュの23倍と続きます。断トツの最低値は日本で0.33倍、つまり、三人が戦いには参加しないと言えば、一人が行くという状況です。ウーン・・ちょっとまずいかも・・頑張って男の子たち!って感じです。

一方、横軸は「自国民であることが誇らしい度」を表していて、右に行くほど誇らしい程度が大きくなります。数値は「非常に誇りに感じる」と「かなり誇りに感じる」を足した値です。最高値はエジプトの99%!ほとんど全員です。世界60カ国中25カ国は90%を超えるハイレベルな様相の中で、日本は54%ポッキリで寂しい限りです。

縦横軸は緩やかに相関しています。右に行くと上に上がり、左に行くとしたに下がっています。誇らしい度が高いほど戦う度も上がっています。地域によっても類似性が認められます。アジア、アフリカ、東欧、西欧、アメリカ(北米&中南米)の5つの地域別にグルーピングしてみました。こうしてみると・・

①右上: 自国を誇りに思い戦う人たち :アジア
②左上: 自国を誇りに思わないが戦う人たち :東欧
③右下: 自国を誇りに思うが戦わない人たち :西欧、アメリカ
④左下: 自国が誇りに思わないし戦わない人たち :例外国(日本、ドイツ)

ドイツも似たようなポジショニングなんですね。両国とも敗戦のトラウマと戦後の自虐教育の結果なのでしょう。日本はナチスの民族浄化というような恐ろしいことをするどころか、西欧の殖民政策からアジアを開放しようとして始めた戦が、結果的に西欧諸国を刺激し過ぎてしまって、想像以上に大きな戦争に膨らんでしまったというのが正直なところだと思うのですが、ドイツよりはるかに深く深く、深―く反省しているということが、哀しいほど良くわかる図です。イタリア人のおおらかさがうらやましいですね。同じ負け組みだったはずなのに、いつの間にかちゃっかり勝ち組の中に紛れ込んでいます。日本人やドイツ人ほど思い込みが深くないのかも・・

世界のスタンダードという視点から見れば、サミットに参加するくらいの経済先進国、あるいは国連の常任理事国クラスの強国たちは、右の方の中ほどのポジションが無難なようです。その意味は「この国の国民であることには誇りを持っています、戦となれば、二人に一人くらいの割合の男児は戦う覚悟です」というようなイメージのようです。現状の日本の経済的影響力や文化的影響力を鑑みれば、もう少しこのイメージに近づいた感じになってるほうが世界には受け入れてもらいやすいかも・・とこのデータは語っています。

国境紛争が絶えない状況であったり、経済状態などの内政状況が不安定な国々は、上に上がったり右に偏ったりする具合が見て取れます。ある意味、日本と言う国は、世界で断トツに左下に居ることが許される天国のような国だったのではないでしょうか。ある人はこれを「嘆かわしいことだ、国の体を成していない」と切って捨てるように言います。またある人は、これを「憲法九条は世界遺産クラスだ」と言って開き直ります。

「美しい国」を目指す動きがようやく始まるということは、健全なことでしょう。これまでの日本はあまりにも左下過ぎて、世界標準からみて孤高の能天気ぶりが目立ちすぎるのです。ここまでぶっちぎりだと、何を言っても厳しい事情を抱える世界では取り合ってもらえない。世間を知らない深窓の令嬢のようなものです。子ども扱いなのです。

世界のみなさん、特にアジア周辺諸国の皆さん!日本はこんなことになっちゃってますから、心配しないで下さい。侵略とかしようにも、そんな男の子自家調達できない状態です。逆に今まで深窓の令嬢すぎちゃってすみませんでした。戦後もそろそろ卒業できたと思うので、これから少しずつ皆さんのレベルに少しでも追いつこうと思います。って僭越にも日本を代弁してしまいました。皆さんはどう思われますか?


【2007/05/07 15:57】 | Message from Judit | トラックバック(0) | コメント(2)
<<HAPPY BIRTHDAY! | ホーム | May Weekend Japanology OUT & ABOUT schedule>>
コメント
[世界のみなさん、特にアジア周辺諸国の皆さん!日本はこんなことになっちゃってますから、心配しないで下さい。侵略とかしようにも、そんな男の子自家調達できない状態です。]

今の状況だと戦争は起こさないでしょうが、アメリカ軍となら行かされちゃうでしょうし、憲法悪正と「美しい国日本」を目指してる安倍政権などは増々戦争に行きたくなるような若者を作ろうとしてる。

ですから、はい、同感dせう。今の日本人は戦争起こさないでしょうね。しかし、このブログを読んだ限りでは、ある意味戦争したくなる日本人を育成するのは目的ではないか?
【2007/07/28 03:32】 URL | #JalddpaA[ 編集]
初めまして。
昨日(11/26)の"The Japan Times"のコラムを読んで、こちらのブログを知った者です。

>日本人は世界でも群を抜いて「自国のためには戦うつもりが毛頭ない」人たち

平和ボケというより、この国は戦前、戦中、戦後と一貫して、政治家や官僚は国民を欺いてきたから・・。
国のために戦いたくないというのは、不信感への裏返しなのではと思います。
なにしろ"kamikaze"という後世まで残る行為を自国民に強いた国ですから・・そうそう簡単には、再び騙されないぞ・・という気持ちがあるのでは?
あの戦争を体験した世代の子や孫が死に絶えるまでは、意識は変わらないかと思います。
【2007/11/28 10:14】 URL | calera #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://juditfan.blog58.fc2.com/tb.php/95-e1491dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Judit Kawaguchi's (川口ユディ) FAN BLOG


がんばれ日本!応援団長、川口ユディ(NHK Weekend Japanology人気レポーター, Japan Timesコラムニスト)のファンブログ

Category

Recent Article

Counter

Welcome!

掲示板 Comment Board

こちらにコメントお願いします。

Click Here!

Please comment here. English instruction is in a "category".

Recent Comments

Archives

Search

Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。