スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
オタクで女の子な国のモノづくり
ユディちゃんの旦那様、川口盛之助さんの本が講談社から新刊されました!!!
旦那様もNikkei BPにコラムを連載されていること知っていましたか?
私はこのコラムの大ファンで、読むたびに日本の文化、感性、精神を再発見して目からウロコになります。類まれな洞察力です。
こちらのコラムも是非読んでみてくださいね。かなりオススメです。

Judit's husband Mr.Morinosuke Kawaguchi has published a new book from Kodansha with Mr.Taro Aso's special recommendation!! Did you know that her husband is also writing articles in Nikkei BP? Actually I am a big fan of the colum. I strongly believe that he is one of the most brilliant conslultants in Japan. Everytime I read his colum, it makes me redicover Japanese spirit, sense and culture. I strongly recommend this colum, too!

Nikkei BP
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20070621/128034/

20070719100927.jpg


日本のビジネスと社会を元気にするヒントが満載!
川口盛之助著
『オタクで女の子な国のモノづくり』(講談社BIZ)刊行のお知らせ


ロボットも車のヘッドライトも、すべて人間に近づけてしまう「擬人化」の欲求。
トイレで用を足す音も擬音発生器で消してしまう「恥ずかしさ」への配慮。
世界の知的ステイタスシンボルになったプリウスの「地球環境」への思いやり……。

どれも、日本の製造業が世界に誇るべきすばらしい武器なのです。
そして、それらは日本の伝統の上に花開いた「オタク文化」から生まれたのです。

あの麻生太郎外相も、本書の原稿を読んで絶賛されました! 
気鋭のコンサルタントが、豊富な実例とともに日本の真の強さを解き明かします。
(講談社より2007年7月19日刊行予定、定価:本体1500円)*


If you would like to order this book, please click the link!
ご注文は以下のリンクからどうぞ。

講談社
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2820633&x=B

Amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062820633/goodpic-22/

ヤフーブックス
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31922876

セブンアンドワイ
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0274206

e-hon全国書店ネットワーク
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/List?cnt=1
【2007/07/19 10:21】 | etc. | コメント(0)
<<盛之助 morinoske | ホーム | Mr. Horiyoshi III>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Judit Kawaguchi's (川口ユディ) FAN BLOG


がんばれ日本!応援団長、川口ユディ(NHK Weekend Japanology人気レポーター, Japan Timesコラムニスト)のファンブログ

Category

Recent Article

Counter

Welcome!

掲示板 Comment Board

こちらにコメントお願いします。

Click Here!

Please comment here. English instruction is in a "category".

Recent Comments

Archives

Search

Trackbacks

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。